コーヒーが冷めないうちに 小説版

2018年 9月21日(金)~全国ロードショー

されている、話題の映画 [コーヒーが冷めないうちに] の小説版を購入しました。

発売は、2015年 以来 本屋大賞

ノミネートされ55万部越えという

大人気ベストセラーがついに映画化

キャッチフレーズは、[四回泣ける]です。

著者の川口俊和さんは[劇団音速かたつむり]を主宰しており

脚本家、演出家として

舞台に携わっているお方です。

本作品は、最初に舞台化されて人気になり小説化して 2018年映画化という

珍しい作品で、川口さんの小説デビュー作品です。

映画化の主演キャストは

有村架純さん、波瑠さん、石田ゆり子さん、薬師丸ひろ子さん、吉田羊さん

林遣都さん他 豪華キャストです。

映画では、喫茶店のマスター時田流(ときたながれ)のいとこである

時田数 (ときたかず)役を有村架純さんが演じています。

あらすじは…レトロな喫茶店

[フニクリ フニクラ]には

都市伝説があった。

うわさを聞きつけた人が僅かな希望を

持って訪れる。

店の中にある…特定される座席に座ると

席に座っている間は、希望する時空間に

タイムスリップできる。

但し!

めんどくさい ルールがあり

ルールを守らなければなりません。

ルール① 喫茶店を訪れたことない人には会えない。

ルール② 過去に戻っても、起こった現実を変えることはできない。

ルール③ 過去に戻ることができる席にはいつも座っている客がおり、客が席を離れている間。席を立って移動することはできない。

ルール④ 過去に戻れるのは、コーヒーを淹れてから冷めるまでの間に飲み干さないといけない。

現実を変えることはできないけど…

それでも過去に戻りたい。

僅かな希望を持ち

座席に座るのでした。

物語は、4人の女性が、過去に戻る

オムニバス形式となっています。

登場人物それぞれに共感できる想いも

あり…時間は大切って改めて想いました。

もしも、過去に戻れるとしたら…?

どうしますか?

私は、タイムスリップものが好きなので

タイムトラベルや、パラレルワールドについて考えてみたり

するんですが…時空間というのは

通常この世である三次元でしか

存在しない。

あの世は、4次元の世界なので

時空間というものがないんですよね。

宇宙は12次元まであることを思うと

壮大に感じます。

過去に戻ることができても

現実は変わらないという本作品の

ルールだけど、意識を変えることや

受けとめ方で癒すことができる。

思いました。

秋の夜長に、ぜひ 読んでみては

いかがでしょうか。

著者 川口俊和

発売 2015年 12月

サンマーク出版

1300円(税抜き)

0

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA