ブルベ肌の トレンド秋冬メイク パーソナルカラー

2018年秋のトレンドカラーは

[ベイクドカラー]です。

ベイクドカラーとは、くすんだ色 で、

スモーキーカラーに似ています。

パーソナルカラー診断で

イエローベース肌の人は

スプリング,ウォータムタイプなので

話題の流行色は、特に似合う色です。

落ち着いたブラウン系 イエロー系

イエローでも、マスタードイエローは

特に似合います。

他にも、ボルドー バーガンディ

スプリングの人は、黄緑やオレンジが似合う人が多いので

ビターオレンジは、秋らしく似合うかと

思います。

ウォータムタイプの方は、もともとが

秋色なので、カーキ色 くすんだ赤系統は特に似合う色です。

(パーソナルカラー診断とは、髪の色や瞳の色 肌の色に添って自分にとって

似合う色を把握することができる診断です。)

基本的に4つのシーズンでタイプ診断

されます。

4つのシーズンタイプで

人によっては、2つのシーズンタイプ

される人もいます。

私も、サマーとウインター どちらも

当てはまるという診断結果でした。

ハッキリした原色、又は あじさい色のような淡いブルーや、ラベンダーやピンク系がより似合うという診断結果です。

簡単にネット診断することも

できますが、一度プロにみてもらうと

よりわかりやすく、メイクだけでなく

似合う髪色 服の色

アクセサリーも診断してもらうことが

できます。

パーソナルカラー診断では

大まかに、イエローベース肌か、ブルーベース肌なのかも知ることができます。

イエローベース肌の人は、ファンデーションを選ぶときにもオークル系が

肌に合うのです。

ファンデーションの色が合わないと

浮いていたり

ブルーベース肌の人にとって

オークル系のファンデーションは

顔まわりがくすんで、元気のない印象に

みえがちになってしまう。ということも

あります。

ブルーベース肌の人は、青みピンクや、ラベンダー系が似合うので

ピンクオークルファンデーションや、

ベースコントロールカラーで

ラベンダーを選ぶと 透明感でます。

(ベースコントロールカラーとは肌の悩みにあわせてくれる化粧下地です。)

ブルーベース肌の人でも。

トレンドのベイクドカラーを取り入れたい!という場合はメイクなら

チークと口紅を ローズ系にするというのも良いかと思います。

服装や、小物から取り入れてみるのも良さそうです

先日も、ブルーベース肌の私が

眉マスカラとをオレンジ系ブラウンにして 目元 バーガンデイマスカラを使用してみたら

顔まわりがくすんでるね。って言われてしまうことがありましたが

チークやリップはローズ系を使用すること自然な感じで血色よくみえます。

フューシャピンクや、マゼンタピンク

チェリーピンクがオススメです。

2018年秋冬は

ブルーベース肌の人でも

トレンドカラーのベイクドカラーを

ぜひ取り入れて

楽しんでみてはいかがでしょうか。

(サイト内の画像は全てお借りしています。)

興味がある方はこちらから↓↓

ユーキャンのパーソナルスタイリスト(R)通信講座【一括払い】

フィジカルサイエンス エレクトーレ フェイスソープ/フェイストリートメント

0

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA