牛肉で プチ薬膳!

今は、冬なので 気分が落ちたりする

そのような時もあります。

動物界は、冬眠時期

冬は、エネルギー蓄えの時期でも

あります。

今回は、牛肉 (赤身)から

薬膳の考え方を取り入れて

元気回復を考えてみました。

薬膳の考え方だと

悩みすぎて しまうときは

[気虚]の状態なんだそうで

精神的ストレス 不眠 貧血 冷え

だるさ 不安感 目の下のクマ にオススメで緩和してくれる作用がある。

要はエネルギー不足です。

薬膳では、[気] [血] [水]のバランスが

崩れると体調不良が起きると考えます。

私は、色彩心理士の資格持ってて

ちょうど風邪引いてしまい

今何色が必要なのか自分でセラピーしたら

1月26日は、[赤] [青] [もえぎ色]の三色でした。

一番最初に選んだ色は

現在をあらわします。

[赤] 生命力がキーワード。

他には、男性性 などのメッセージもありますが

まさに今[生命力]がキーワードだと思いました。

25日の夜中に 友達から電話きて

聞いたら

精神疾患から 食べたくても食べれない

明らかに、栄養不足で

粉ミルクを飲んで命をつないでるというのです。

びっくりして

すこしでも栄養になるようなものはないか探してみました。

バナナはかろうじて食べれていたそうですが バナナは冷やす食材です。

パイナップルは、胃腸に良いので

パイナップル。

生命力が高い 水分を含めた桃の話もしました。

二番目に選んだ色は過去をあらわします。 [青]

青は、喉のバランスをとる色

平和の色 コミュニケーションの色でした。

青のテーマだったと気づきました。

最後に選んだ色は 未来の色

[もえぎ色] 黄緑は

木の芽をあらわします。

黄緑は春の色

春はもうすぐ!なのでしょう。

赤から何か 食べものを考えてみて

調べてたら

赤身の肉の話にたどり着いたのです。

早速!牛肉について調べましたら

血を補うので よく焼き肉食べると元気でる。というのは 理にかなってるのだと思いました。

更に 牛肉には、胃腸をよくする作用があり 煮込みスープは良さそうです。

[気虚]のときは

ぜひ 積極的に 牛肉を食べたりして

ゆっくり休みましょう!



0

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA