菖蒲湯に入って ストレスを和らげよう!

5月5日は、令和に入って初の端午の節句です。

端午の節句とは、端の午とかきます。

端午(たんご)の端は はじめの意味で

5月最初の午(うま)の日という意味だったのが 午の 発音から 五に繋がり

奈良時代以降から 5月の5日が

毎年の端午の節句となりました。

なぜ? 菖蒲なのでしょう?

菖蒲は、[勝負]にも通じ、江戸時代には

武家を重んじることから[尚武]しょうぶ

(武道を重んじるという意味です。)

菖蒲が縁起よく、家の跡継ぎに生まれた男の子と一族の繁栄を願う重要な行事となって発展していきました。

菖蒲というと 美しい花菖蒲を思い浮かべる方もいるみたいですが

菖蒲湯に使うのは、サトイモ科で

小さなお花が穂みたいに咲く菖蒲で

葉っぱです。

菖蒲には、強い香りがあるので

古来から 厄除け 邪気はらいにも

繋がると 重宝されました。

中国でも、5月は 季節の変わり目なので

体調を崩しやすいため

[菖蒲湯]に入ったり、[菖蒲のお酒]を飲んだりされたそうです。

現代でいう 邪気とは、[疲れ]やストレス

にも通じています。

お風呂に入ることで 身体をあたためる

こともできますし、ゆっくり湯船につかることは ストレス解消にも繋がります。

菖蒲の効能としては、肩こり、腰痛 、鎮痛

血流促進、疲労回復に良いです。

菖蒲は、お花屋さんや、スーパーでも

売ってますので 明日の端午の節句には

ぜひ 菖蒲湯でリラックスしてみては

いかがでしょうか。

束をくくり 水からお湯を沸かして入るのが一般的な方法です。

私は、日本パーツビューティーアカデミー 認定

バスカオリアドバイザーでもあります。

バスカオリアドバイザーは、入浴方法や

入浴剤をつくったり 啓蒙普及することができる 民間の資格です。

菖蒲湯のアレンジ入浴剤をつくってみるとしたら、菖蒲の葉っぱを切って

お茶パックに入れ ミカンの皮などと

一緒に混ぜても

爽やかになるかとおもいます。

お塩も混ぜれば !簡単バスソルトとして 身体の内側から あたためれます。

興味がある方は、ぜひ お試しを。

0

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA