パラレルワールドラブストーリー

2019年 5月31日~全国ロードショー

パラレルワールドラブストーリー

観てきました!

原作が発売されたのは、1995年 約20年以上も前の作品です。

あらすじは、主人公の 敦賀崇史は

毎週火曜日の同じ時間帯のすれ違う山手線の電車で、とある女性に恋をする。

大学の卒業後 親友の三輪智彦から

彼女だと紹介されたのは、ずっと好きだった 津野麻由子だった。

ある朝 崇史が目覚めると… 麻由子は

崇史の恋人として生活している世界

崇史は、目覚めるたびにちょっとずつ現実がズレていて 麻由子は

親友の智彦の恋人のはずで、 智彦が行方不明になっている世界もあると気付きます。

どちらが現実なのか…混乱していくのです。

映画では、崇史の視点で、2つの世界が

映像で流れてくるので、実際にあったら

混乱していく錯覚します。

東野圭吾さんといえば ミステリー

サスペンスが多い作家さん。

2019年1月には、[マスカレードホテル]も上映され

東野圭吾さんの作品は、どれも大人気

大ヒット公開されています。

今回は、[パラレルワールドラブストーリー]の 紹介をします。

私 伊藤は、パラレルワールドの話や

タイムスリップする話が好きなので

興味がありました。

パラレルワールドとは?

ある世界と分岐していて 平行している

世界のことです。

パラレルワールドは本当にあるの?

伊藤は、平行されてる世界は あるんだと思っています。

未来は、たくさん可能性があって

選択肢を選ぶことによって 現実も変わっていきます。

時間は、未来から流れているという説に

衝撃を受けました。

例えば Aの未来は、一般就職して会社員として普通に暮らしている未来。

Bの未来は、会社員していたけど、フリーランスを選んだ未来。

Cの未来は、誰かと結婚していて専業主婦をしている未来。

どの 未来を選んでも 悪いわけでもなく

平行しているとして どのパラレルにいきたいのかで 今の現実を変えていくことができると思っています。

今の自分がどのように 望んでるのかを

考えると みえてくるものがあるんだと思います。

選択を決めて、望む未来へ行動していくことで 現実も変わる。

未来というのは、曖昧でみえないから

不安にもなるかと思います。

過去伊藤は、[ 不安神経症]になったことがあり

先のみえない不安から 不眠症になった経験もあります。

[不安神経症]だったのに、1ヶ月後には[体感症]という診断をうけました。体感が敏感になりすぎていて身体の感覚が過敏になっていたという 不思議な感じで 言葉でどう表現していいのかわからない感じでした。

1ヶ月後の私は、良くなっている。

◯◯ヶ月の私は、今日よりも元気になっている。って自分に言い聞かせていた

時期もありました。

ある日…今しかできないことをしよう。って思ったんです。

[今]にフォーカスしながら 今の瞬間を

大切にする。今を癒すことで未来への

不安も少し落ちつくかと思います。

今できることを、思いつくまま

リストアップして行動する。

今しかできないことをしてみる。

ポジティブなチャレンジをしてみる。

気づいたら、[不安神経症]も今では

症状はでてきていません。

精神安定剤も、飲んでいません。

過去のとらわれにも[ 今] を癒すことで

過去をかえることはできないけど

当時の感情が癒えることもる。

あのときは、ひどい過去だったけど

あのときの体験があったから

乗り越えれてるのもあります。

体験してみないと、人の痛みもわからない

今は、落ち着いていてようやく体験してみて良かったのかもと思えるようになりました。

実際に、心理学でも タイムスリップ法という 心理療法ワークがあります。

東野圭吾さんのパラレルワールドラブストーリーでは、おもしろいことに

[記憶の改変]より パラレルワールドが

進んでいきます。

脳科学の 理論が おもしろいのです。

脳ってそのくらい自分にとって

都合の良い記憶に書き換えてしまうことができる。

作品の中の [記憶の改変]は、実際に体験してしまったら 怖いと思います。

全てを忘れて やり直すのは、好都合なのかもしれないけれど 思い出してしまったら… 壊れてしまいそう。

作品の主人公たちの 心の弱さ 人間のもろさも でてきます。

[友情] と[愛情] を考えさせられます。

ラブストーリーなので、三角関係も

小説や、映画の見所なのだと思います。

一回目よりも、二回観ることで

謎解きが、理解していくと思います。

興味のある方は、ぜひ お近くの映画館に足を運ばれてはいかがでしょうか。

キャスト 敦賀崇史 玉森裕太(Kis-My-Ft2)

津野麻友子 吉岡里帆

三輪智彦 染谷将太 他

日テレ 108分 監督 森 義隆

0

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA