カレー粉が セロトニンを増やす!

6月に入り梅雨の季節がやってきました。

蒸し 暑かったり、 湿気でジメジメする

ので 気分が のらないなあ という方も

いるかと 思います。

いろんな、ストレス解消方法がありますが 今回は カレー粉が 幸せホルモンを

増やすことを紹介します。

なぜ?カレー が 幸せホルモンを増やすのでしょう

2015年には、ニューヨークの心理学者の

研究により カレーのスパイスのひとつ

[ターメリック]の 成分のクルクミン

悪い思い出を消してくれる 効果があると判明しました。

クルクミンには、炎症を沈めてくれる作用や、血流をよくしてくれます。

近年の実験結果

カレー粉が セロトニンを最も

だしてくれる食材であり

インドのカレー粉が一番オススメだと

判明しました!

幸せホルモンとは! [セロトニン]です。

セロトニンが 減少すると 今まで

安定していた 感情が乱れたり

ネガティブな 気持ちも 湧いてきやすく

なります。

うつ病の状態は、[セロトニン]が不足されてることも 原因だと言われています。

お薬には、セロトニンを増やす

成分の薬が多く含まれています。

セロトニンは 、脳よりも 腸内から

95%も出されるのです!

そして! 腸内をあっためることは

腸が 熱を持つことにより[セロトニン]を

分泌せよ。っていう 指令を脳に出すのです。

いいことづくめ!

インド人が 元気な方が多く 長寿なのも

うなずけます。

ぜひ、気分がのらないな ~

なに食べよう~というときには

カレーを取り入れてみてはいかがでしょうか

美味しいものを食べて 幸せを感じ

梅雨のジメジメした季節も

暑い日も!乗り切っていきましょう。

0

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA